妊婦、高齢者はインフルエンザに要注意

冬の時期になって空気が乾燥するようになると、インフルエンザウイルスに注意が必要になってきます。
インフルエンザは感染症であり、空気感染をしますから、他の人から他の人へ感染する可能性が非常に高いウイルスです。
特に、妊婦や高齢者はインフルエンザにかかってしまうと、妊婦の場合であれば、子供への影響が出る可能性がありますし、高齢者に関しては命の危険性もあるので注意が必要になってきます。
妊婦の場合に関していえば、体力が低下しやすく、風邪をはじめとした感染症にかかりやすい状態です。
また、すでにお子さんがいる場合には、学校などからインフルエンザをもらってきてしまう可能性がありますから、インフルエンザに感染しやすくなります。
妊婦の中でも、特に妊娠初期の状態では、つわりで体力が低下していて、妊娠中期から妊娠後期に比べると、心肺機能も低下しているので、インフルエンザが重症化しやすいと考えられます。
一方、高齢者に関しては、インフルエンザに感染すると若者と比べて、重症化しやすいという特徴があり、さらに合併症を引き起こす可能性があり、最悪の場合、命を落としてしまう危険性もあります。
高齢者が注意するべきインフルエンザの合併症としては、肺炎や気管支炎などの、主に軌道の炎症によるものが多いです。
高齢になればなるほど、肺炎で亡くなる確率が高くなります。
もしも、ウイルスに感染してしまったら、このような合併症に移行しないように、なるべく早めに対処する必要があります。
このように妊婦や高齢者は、感染するリスクが高いというだけではなく、重症化する可能性が高いということが言えますから、感染症が流行する季節になる前に予防接種を受けることが大事になってきます。

インフルエンザと妊婦の退治への影響

妊娠は喜ばしい事ですが、日々の食事や生活などにも気をつけて病気をしないように心がけないといけません。
特に冬場になればインフルエンザの感染も広がっていくので、体力や免疫力も落ちている妊婦の方は感染しないように気をつけたいものです。
現段階では胎児への影響はあるという意見とないという意見などいろいろあって混乱するかもしれませんが、母体が健康な方がいいのは当然なのでその点は気をつけておきましょう。
インフルエンザには予防接種がありますが、これは妊婦でも利用が可能です。
不活化ワクチンに関しては生ワクチンではないので重篤な副作用も起こらないとされていますので、一般的には妊娠中でも予防接種を受けても問題ないとされています。
それに、インフルエンザにかかってしまった時は薬を処方してもらう事もありますが、よく処方されるタミフルも利用しても問題ないとされているので、48時間以内に一般病院へ診察に行きましょう。
産婦人科で診てもらいたいと思うのは当然の事ですが、他の妊婦さんに感染させてしまう可能性がありますので控えましょう。
それでもいつものお医者さんを望む場合には、電話で連絡してからいくといいでしょう。
妊婦の場合はインフルエンザにかかってしまうと本当に重症化しやすいです。
新型などにかかってしまうと早産や流産になる可能性がありますし、高熱が出てそれが長引くと胎児の健康に影響が出てしまう場合もあるのです。
感染が分かれば早めに薬を飲むなどして対処していく事が大切です。
母子共に健康である状態を保つ事が、妊娠中の生活では重要です。
元気に見えても体そのものは抵抗力などが落ちていますので、日々の食事などにも気をつけて予防をしていきましょう。

妊婦のインフルエンザ予防方法

妊娠すると胎児のことが大事に思われるのは女性にとって当然のことであり、胎児のために自分を大事にしなければならないと高い志を持つようになります。
身体に悪いものを食べればその影響が胎児にも届いてしまう可能性があり、病気にかかればそれが原因で胎児に影響が出てしまう可能性があります。
しかし、病気になっても使う薬にも気をつけなければならず、薬の副作用で奇形が生じてしまうリスクが高まる場合もあります。
そういった様々な観点から妊婦は苦悩することになりがちです。
妊婦にとっての脅威の一つがインフルエンザであり、ちょうどシーズン前に妊娠してしまうとその予防をどうやって行っていけばよいかと悩んでしまうでしょう。
妊娠中は体力も低下しやすいことから感染症にはかかりやすく、その影響を胎児に与えたくないと考えるのは当然です。
インフルエンザの予防方法としてまずは予防接種を行うのが良い方法です。
予防接種の胎児による影響はないというのが現在の医療業界の認識であり、むしろインフルエンザにかかってしまった場合のリスクの方が高いと考えられています。
妊婦はインフルエンザ感染時に重症化しやすいため、母体保護と胎児の保護の観点から、効果が高いと期待される予防接種は推奨されているのが実情です。
一方、予防接種の効果が現れるのは2週間から4週間後であり、すでにシーズンに入ってしまっている場合にはやや遅いということは否めません。
そういったときにも抗インフルエンザ薬の予防投与を行って予防することができます。
薬の料金は全額自己負担になりますが、飲んでいる期間はインフルエンザにかかるリスクがほとんどなくなるため、信頼性の高い予防方法として活用すると良いものです。
■インフルエンザB型について
インフルエンザ B型
■タミフルについてはこちらから
タミフル効果・副作用について